【発売日決定】RICOH THETA Z1が新発売!THETA V/THETA SCとスペック比較

1.0型センサー搭載で暗部での撮影にも強いフラグシップモデル「THETA Z1」が発売決定!

2019年2月25日、リコーイメージング株式会社は、ワンショットで360°の静止画や動画を撮影できる360°カメラ「RICOH THETA (リコー・シータ)」シリーズの最上位機種として、約2300万画素相当(6720×3360ピクセル)の高品質な360°の静止画を撮影できる新製品「RICOH THETA Z1」を3月下旬に発売することを発表。

2月28日から3月3日までの4日間、カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2019」に実機が展示される。

この記事では、気になる発売日、THETA V / THETA SCとの違いなどを紹介していきます。

THETA Z1の注目のスペック

THETA Z1の気になるスペックを紹介していきます。

1.0型の大型センサーを搭載

THETA Z1の最大の特徴は、有効約2,000万画素の1.0型裏面照射型CMOSセンサーを採用したところ。

既存のTHETA V/THETA SCの1/2.3型センサーと比べてダイナミックレンジが広がり、暗所画質も向上しています。

また、通常撮影時も自動でダイナミックレンジ補正を行い、白飛びを効果的に抑える機能も搭載。

撮影モードとして、HDR合成やインターバル合成も用意されています。

リコー独自の3回屈曲構造レンズユニットで薄型ボディを実現

レンズユニットには、リコー独自の「3回屈曲構造」を採用。

センサーを大型化しつつ、本体の厚さを24mmに抑めた。

撮影距離はレンズ前40cm〜∞。

多段階絞り機構によりF2.1、F3.5、F5.6から選択可能。明るい場所での撮影では絞りを絞ることで周辺部の解像感が向上が見込める。

有機ELディスプレイ搭載で本体だけで電池残量の確認が可能

本体に0.93型有機ELディスプレイを本体正面下部に搭載。

新たに設けられたFnボタンを使って、「撮影残り枚数」「露出設定」「電池残量」などの各種情報がカメラ単体で確認できるようになった。

RAW記録にも対応。Lightroomで専用プラグインも提供

新たにRAW記録(DNG形式)にも対応しました。

360度画像の合成をおこなるプラグインソフト「RICOH THETA Stitcher」をPhotoshopやLightroom向けに提供されます。

これにより、現像による表現の幅が広がります。

THETA V同様、Androidベースでプラグインで機能拡張が可能

THETA Vに引き続きAndroidベースのシステムを採用。

THETA V向けに作られたプラグインでの機能拡張も可能です。

THETA V/THETA SCとの比較

従来モデルのTHETA V/THETA SCと比較してみました。

THETA Z1 THETA V THETA SC
センサーサイズ 1.0型裏面照射型CMOSセンサー 1/2.3型裏面照射型CMOSセンサー 1/2.3型裏面照射型CMOSセンサー
有効画素数 約2000万画素 約1200万画素 約1200万画素
レンズ構成、F値 10群14枚、F2.1、3.5、5.6 6群7枚、F2 6群7枚、F2
静止画解像度 RAW:7296×3648ピクセル
JPEG:6720×3360ピクセル
5376×2688 L:5376×2688、M:2048×1024
動画解像度/フレームレート/
ビットレート
4K,H.264:3840×1920/29.97fps/56Mbps,
2K,H.264:1920×960/29.97fps/16Mbps
4K,H264:3840×1920/29.97fps/56Mbps
4K,H265:3840×1920/29.97fps/32Mbps
2K,H264:1920×960/29.97fps/16Mbps
2K,H265:1920×960/29.97fps/8Mbps
L:1920×1080/29.7fps/16Mbps
M:1280×720/15fps/6Mbps
電源 リチウムイオンバッテリー(内蔵) リチウムイオンバッテリー(内蔵) リチウムイオンバッテリー(内蔵)
記録媒体 内蔵メモリー:約19GB 内蔵メモリー:約19GB 内蔵メモリー:約8GB
マイク 4ch 4ch モノラル
情報表示パネル 0.93型有機EL(OLED)パネル 128×36ドット、明るさ自動調整
本体サイズ 48mm(幅)×132.5mm(高さ)×24mm(奥行き)※レンズ部を除く 45.2mm(幅)×130.6mm(高さ)×17.9mm(奥行き)※レンズ部を除く 45.2 mm(幅)× 130.6 mm(高さ)× 17.9 mm(奥行き)※レンズ部を除く
本体重量 約182g 約121g 約102g

THETA Z1の発売日・価格

注目の発売日ですが、2019年5月24日(金)に発売が決定しました。

価格については、価格は12万6900円です。

従来の上位機種だったTHETA Vが5万円弱なので、少し高いですが暗部に強い1型の大型センサーは魅力です。

まとめ

この記事では、THETA Z1の主要スペックや発売日・価格について紹介してきました。

CP+2019で出品されるようなので、これからも動向が目を離せません。

【▼合わせて読みたい】