【Oculus Go】漫画の世界に入り込めるVR体験『Sphere Toon』

今回紹介する『Sphere Toon』は、VR×漫画のコンテンツです。まずは紹介動画をどうぞ。

SphereToon!とは

韓国のStudio HORANGが開発したアプリです。対応言語が韓国語と英語ですが、かんたんな英語なので十分楽しめます。

漫画のコマの反対側も見えるが新しい

Oculus Goで見るとかなり迫ってみえます。

漫画を見始めるとこんな感じで、VRらしくコマから飛び出してきたように見えます。

これだけでも結構楽しめるのですが、立体メガネじゃなくてVRならではのが、

後ろを向いてもちゃんと世界がある

と言うところです。

この場面で、後ろを向くと普通に他のクラスメイトがいます。なので、「見ている」というよりは、「その世界の中にいる」と言うのが的確な表現な気がします。

またアニメや実写の動画のように勝手には進まないので、教室を見渡したり、自分のペースで進められるのも「漫画×VR」の魅力です。

収録作品は、ホラー系を中心に8作品

収録作品は、SFやホラー系が8作品。1つ1つは短めなので、サクサク読めます。

まとめ

今回は、「Sphere Toon」を紹介してきました。VR×漫画の体験がなかなか良かったので、このアプリは韓国製ですが、漫画大国の日本版のアプリや漫画原作のVR化なんかで他の作品も見たいなぁと思いました。

こんなの作ってる人もいるみたいです。続報が楽しみ!

アプリ概要

アプリ名 Sphere Toon
価格 無料
言語 英語 韓国語
カテゴリ エンターテイメント
開発者  Studio HORANG
公式サイト http://spheretoon.com/indexEn.html

【合わせて読みたい】

Oculus Goのおすすめ無料アプリ・ゲームを紹介!

【Oculus Go】現実より手軽で面白いボードゲーム『Catan(カタン)VR』