360度カメラ「Insta360 ONE X」発売!気になるスペックとInsta360 ONEとの比較まとめ

最大5.7K解像度の360度カメラ「Insta360 ONE X(インスタ360 ワン エックス)」が発表されました!

2018年10月10日にInsta360は、最大5.7K解像度の360度カメラ「Insta360 ONE X(インスタ360 ワン エックス)」を公式サイト上に登場した。

発売は発表と同時にされており、すでに公式サイトやAmazonで購入できます。

この記事では、Insta360 ONE Xの気になるスペックや価格、アクセサリと前機種の「Insta360 One(インスタ360 ワン)」との違いをまとめて紹介します。

新しいアクションカメラ 360度カメラ「Insta360 ONE X」登場

まずは紹介動画を2本どうぞ。

360度カメラ「Insta360シリーズ」のメーカーであるShenzhen Arashi Vision社(本社:中国 深圳、代表取締役:Liu Jingkang)が2018年10月10日、アクションカメラの未来とも言える360°度カメラ「Insta360 ONE X(インスタ360 ワン エックス)」を発表しました。

ジンバルいらず!超優秀な手ぶれ補正

Insta360 ONE Xの魅力は、まず何と言っても「超優秀な手ぶれ補正」です。

先日発売されたアクションカメラGo Pro Hero 7も手ぶれ補正が優秀と評判ですが、そのGo Pro Hero 7と比較しても優秀です。実際に比較した動画を見てみてください。

これを見るとGo Pro Hero 7も十分優秀ですが、今回発売されたInsta360 ONE XはFlowState手ブレ補正機能を搭載し、まるでジンバルをつけているかのような滑らかな映像に補正されています。

後から編集で映画のようなカメラワークも可能

Insta360 ONE Xの新機能「タイムシフト」は、撮影した映像の再生速度を好きなところだけ好きなように調整できます。

なので、マトリックスのようなスローモーションや早送りによる場面転換といった映画のような映像を簡単にアプリで編集できます。

また、前機種のInsta360 ONE同様に、自撮り棒が映像から自動消去されるので、まるでドローンで撮影しているかのような映像と組み合わせれば、Insta360 ONE X一台でプロ仕様の様々なシーンの撮影が可能になります。

公式Twitterのサンプル画像もなかなかいい感じです。

最大5.7K解像度、高速WiFiを搭載など基本性能も大幅向上

もちろん360度カメラとの基本性能も大幅向上しています。

動画解像度は、最大5.7K(30 FPS)と4K動画までだった前機種Insta360 ONEを上回ります。また動きの多いシーンの撮影では、50 FPS (4K)及び100 FPS (3K)の撮影モードが選択できて、向上した手ぶれ補正機能と合わせて滑らかな映像が撮影できます。

また前機種のInsta360 ONE Xでも好評だったバレットタイムが3Kで撮影できるようになりました。

静止画では、1800万画素の撮影ができます。

またiPhoneと接続するためのLightning端子が廃止されて、新たにWi-Fi接続が追加されました。ちなみに、iPhoneや、Android、パソコンと付属ケーブルで接続して撮影することも可能です。

あと意外と嬉しいのが、Insta360 ONE Xでは交換式バッテリー採用になりました。容量も1,200 mAh(前機種Insta360 ONEは、820mAh)と約1.5倍に増えたので、長時間の撮影も行いやすくなりました。

撮影の幅が広がるアクセサリも登場

またアクセサリも面白のが発表されました。

前機種Insta360 ONEのバレットタイムも「360度カメラを振り回す」と言うのに驚かされましたが、今度は「360度カメラ」を投げます。

今まで飛んでいるような写真は自撮り棒で撮影できましたが、実際に飛ばすのでまた違った面白い絵が撮れそうです。

ちなみに、まだ未発売です。

また、前機種Insta360 ONEで使えた自撮り棒やバレットタイムキットも引き続き使えますし、性能を向上させた防水ケースも用意されています。

前機種Insta360 ONEとの比較

Insta360 ONE X Insta360 ONE
サイズ 高さ114.56mm x 幅48mm x 奥行き27.60mm(レンズ含む) 高さ96mm x 幅36.5mm x 奥行き25mm
重量 115g(バッテリー含む) 82g
静止画 7k(6080×3040) 6912×3456
動画 5.7k(5760×2880@30fps)

4k (3840×1920@50fps)

4k (3840×1920@30fps)

3K (3008×1504@100fps)

3840×1920@30fps

2560×1280@60fps

バレットタイム 3k 2048×512@120fps
静止画フォーマット insp、jpeg(アプリで変換)、dng(RAW) insp、jpg(アプリで変換)、RAW
動画フォーマット insv、mp4(アプリで変換)、LOG insv、mp4(アプリで変換)、LOG
レンズ口径 F2.0 F2.2
バッテリー容量 1,200mAh 820mAh
バッテリー稼働時間 5.7k(5760×2880@30fps)、4k (3840×1920@50fps)動画撮影の場合、約60分 70分
ストレージ Micro SD UHS-I、V30以上、exFAT(FAT64) format:最大128 GB Micro SD UHS-I、exFAT(FAT 64)format
接続 Bluetooth: BLE4.0、USB: Micro-USB、Wi-Fi Bluetooth: BLE4.0、USB: Micro-USB、Lightning

こう見ると大きさは一回り大きくなっていますが、上でも書いたように基本性能が向上している印象です。

Insta360 ONE Xの価格

気になるInsta360 ONE Xの価格は、52,300円です。

これは前機種のInsta360 ONEから比べると約1万円の値上げですね。Insta360 ONEでも結構遊べるので少し迷う価格ではありますが、向上した手ぶれ補正などが+1万円で味わえると思うとお得な気もします。

Amzazonのタイムセールで前機種Insta360 ONEが10%OFFセールを実施中

期間は不明ですが、気になっていた人はこの機会に是非お試しください。

\タイムセールで10%OFF/

まとめ

この記事では、Insta360 ONE Xの価格、スペックやアクセサリとInsta360 ONEとのスペック比較をしていきました。

アクションカメラとしても次のステージにいっている感じがしてワクワクします。

これからの動向も目が離せません!