【RICOH THETA V 専用アクセサリー】臨場感を伝える!360度高音質で録音できる3Dマイクロフォン『TA-1』【風切音対策】

360度カメラで、ライブの臨場感を映像だけでなく立体感のある高音質の音源で届けませんか?

近年、VR動画のフェスやコンサートの配信される機会が増えてきました。

例えば、野外音楽イベント「フジロックフェスティバル‏(フジロック)」では、YouTubeの公式チャンネルにて、スマートフォン向けのVRゴーグルなどを使用することで、前方180度を見回すことができる動画を配信しました。

こういったVRゴーグルに対応した映像を気軽に撮影できるのが、THETA Vをはじめとした360度カメラです。

360度カメラは比較的手頃な価格から購入できるので、アマチュアのバンドのライブやコンサートでも、ライブの臨場感を伝える動画を撮影・配信することができます。

そうなると360度カメラの映像の面白さもさることながら、音質にもこだわりたくなるもの。

そこで便利のが、RICOH THEA V専用アクセサリー 3Dマイクロフォン『TA-1』です。

この記事では、リコー様に借りることができたので、実際使ってみた感想や使い勝手について紹介していきます。

RICOH THETA Vは、内蔵マイクも優秀!4chマイクで空間音声記録を実現

まずは、アクセサリーの 3Dマイクロフォン『TA-1』の紹介する前に、RICOH THETA Vの内蔵マイクについて紹介させてください。

実は、このRICOH THETA Vの内蔵マイク。360度カメラの内蔵マイクとしては他の機種に比べてかなり優秀です。

THETAシリーズで初めて4chマイクが採用されており、空間音声記録を実現しています。(他のTHETAシリーズはモノラルマイク)

実際の作例で聞くとこんな感じです。

以前、Insta360 Oneという別の360度カメラも使ったことがあるのですが、こちらのマイクは音量も小さくおまけかな言う印象でした。

なので、THETA Vを使い始めた時もマイクにはそんなに期待していなかったのですが、

旅行の時の街の音や一緒にいる家族の声などがちゃんと録れているなぁと感じます。

それでも、コンサートやライブの録音では、3Dマイクロフォン『TA-1』を使いたい3つの理由

とは言え、用途がライブやコンサートの撮影・録音となるともっといい音声で記録したくなってしまいます。

そこで今回紹介する3Dマイクロフォン『TA-1』です。

THETA Vの内蔵マイクではなく、『TA-1』を使いたい理由を紹介していきます。

【理由その1】直径10mmの大型マイクが効果絶大!高解像度な音質が魅力

内蔵マイクロフォンに比べ約10mmという大きな口径の指向性マイクロフォンにより、中低域に厚みのある音の収音が可能、音楽演奏の撮影に適しています。

またマイクロフォンユニットは、高い技術力と信頼性で定評のあるオーディオテクニカ社が開発しています。

実際に、TA-1を使って録音した作例です。360°空間音声対応映像なので、ヘッドホンで聞くと映像に合わせて音の聞こえ方が変わります。

【理由その2】風切音を軽減!付属のウィンドウスクリーンが優秀

THETA Vの内蔵マイクも先に紹介したように優秀なのですが、数少ない弱点の1つが「風切音が入ってしまう」という点です。

風が強い屋外だと、THETA V単体だと結構しっかり風切音が入ってしまうのですが、TA-1にはウィンドウスクリーンが付属しています。

このウィンドウスクリーンをつけるとかなり風切音が軽減されます。

なので、野外フェスなどの屋外イベントでもTA-1は雑音の少ない録音を実現できます。

【理由その3】接続してもTHETA Vの利便性を損なわない配慮設計

またTA-1は、THETA Vに接続した時に利便性を損なわないようにいろいろ配慮されています。

まず、TA-1はTHETA Vの下側につけるのですが、TA-1に標準規格の三脚ネジ穴が設けられているので、三脚への設置も問題なくできます。

また、THETA VはTA-1と接続する面にオーディオ端子以外に、USB端子があります。

TA-1は、そのUSB端子を塞いでしまわない形状となっており、モバイルバッテリーなどで充電しながら撮影をするような運用も可能です。

3Dマイクロフォン『TA-1』概要

スペックについて

形式 バックエレクトレット・コンデンサ型
指向特性 単一指向性×4ch(アンビソニックス)
出力コネクター φ3.5mm6極 ミニプラグ
電源 プラグインパワー方式
使用温度範囲 約0~40℃
外形・寸法 約45.3mm(幅)×105.2mm(90.9mm※プラグ部除く)(高さ)×37mm(奥行き)
質量 約63g

付属品について

  • 本体
  • ウインドスクリーン
  • ポーチ

まとめ

この記事では、RICOH THETA V専用アクセサリーである3D マイクロフォン「TA-1」を紹介してきました。

専用マイクの高音質と純正のオプションならではの利便性を兼ね備えた商品になっています。

折角、THETA Vで360度動画に合わせて音声も録音するなら、検討してみてください。

【▼合わせて読みたい】

【レビュー】RICOH THETA V(リコー シーター V)| 4K動画対応・高音質のおすすめ360度カメラ

【3939台限定】360度写真に初音ミクを登場させてオリジナルコンテンツを創れる「RICOH THETA SC Type HATSUNE MIKU」【THETA×初音ミク】

THETAシリーズでの撮影に最適!360度画像への写り込みを最小限にできる三脚「RICOH THETA スタンド TM-1」