WordPressテーマのPHPファイルでショートコードを利用する方法

こんにちは、花井(@hanamasa0201)です。

この記事では、WordPressテーマのPHPファイルでショートコードを利用する方法を紹介します。

WordPressでは、プラグインやfunction.phpで指定したプログラムを「固定ページ」や「投稿」で利用するためにショートコードを使います。

そんな便利なショートコードですが、実はfront-page.phpなどのWordPressテンプレートのPHPファイルで呼び出すことができます。この方法を知るとカスタマイズの幅が広がります。

【基本編】固定ページや投稿でのショートコードを使う方法

WordPress管理画面の固定ページや投稿でショートコードを使うときは、[]でショートコードの文字列を囲って使います。

[ショートコードの文字列]

【応用編】WordPressテーマのPHPファイルでショートコードを使う方法

次に、WordPressテーマのPHPファイルでショートコードを使う方法です。
<?php echo do_shortcode('[ショートコードの文字列]'); ?>

PHPがよく分からない人は、これをコピペして[ショートコード文字列]の部分を書き換えれば使えます。

WordPressのカスタマイズに慣れている人に解説すると、WordPressにはdo_shortcode関数が準備されており、指定されたコンテンツからショートコードを探し、そのフックを使用してショートコードをフィルターする仕組みになっています。

【参考】関数リファレンス/do shortcode

まとめ

この記事では、WordPressテーマのPHPファイルでショートコードを利用する方法を紹介しました。

有料テーマの中には、テーマのカスタマイザー以外のコンテンツの追加がPHPファイルでしかカスタマイズできない場合があります。その場合でも、この方法を使えば便利なショートコードを使えるので、是非一度試してみてください。

ただコピペじゃなくて、もう少しPHPを理解してWordPressをカスタマイズしたい!という人には、『WordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。[第2版]』がおすすめです。

僕も読みましたが、PHPの基本を抑えた後にすぐWordPressのカスタマイズに特化した説明をしているので、WordPressのカスタマイズのためにPHPを勉強したい人には最適の一冊です。