【汗対策】Oculus Goを衛生的に保つお手入れ便利グッズ紹介

こんにちは、花井(@hanamasa0201)です。

この記事では、Oculus Goを衛生的に保つお手入れ便利グッツを紹介します。

Oculus GoなどのVRヘッドセットは直接顔に機器がふれるので、大勢で体験するイベントや施設はもちろん、1人で使っていても汗や化粧うつりなど衛生面が少し気になります。

そこで役に立つのが、フェイスマスクです。つまり、直接顔に機器が触れないようにするマスクです。

なのでフェイスマスクを使うことでVRヘッドセットを清潔に保つことができます。

Oculus Goはお手入れは必要か?

スマホやパソコンと同じ精密機器だと思うと、そんなにお手入れが必要なの?と思われるかもしれません。

ただ、Oculus GoをはじめとするVRヘッドセットの肝は、レンズにあります。そう考えると、カメラやビデオと同じように、レンズのケアが必要です。直接触って指紋などつけないようにするのはもちろん、ホコリなどもたまらないように気をつけておくと、快適なVR体験ができます。

また、冒頭でも触れたように、肌に直接触れるものです。なので、汗疹やニキビなどの肌荒れの原因にもなるので、清潔に保つことが大切です。

おすすめのフェイスマスク

Oculus GoをはじめとするVRヘッドセットを衛生的に保つ方法として、直接機器に触れないというのがあります。それように、フェイスマスクが販売されているので、ここでは2種類紹介します。

イベントなどに最適!安価で使い捨てできる『ニンジャマスク(Mogura VR)』

もっとも手軽で安価なのが、このタイプです。イベントなどで大量に必要な時でも、使い捨てできるので便利です。

【自分専用】何度も洗って使える『VRマスク(iVoler)』

自分でで使うだけだから使い捨てはじゃなくてもという方向けにはこちら。こっちは、かぶるタイプのマスクで目の部分が空いているという商品です。

【部分別】Oculus Goのお手入れ方法

上記のような商品を使っていても、どうしても汚れは溜まってくるもの、部分別にお手入れ方法も紹介しておきましょう。

レンズ編

こちらは、カメラやビデオのレンズのお手入れを参考にしていきます。
【必要なもの】
  • ブロアー
  • レンズクリーナー
  • レンズペン
【手順】
  1. ホコリをブロアーで飛ばす
  2. レンズクリーナーでレンズを拭く
  3. さらにレンズペンで拭いて、完了

保管の際に、レンズカバーをかけておくとホコリもたまりませんし、コントローラーなどの接触も避けられます。

ヘッドバンド編

バンドもしっかり頭を支えているので、汚れが溜まってきます。

こちらも定期的に中性洗剤で洗うと清潔に保てます。

接顔パーツ編

ちょっと古い記事ですが、Oculus Riftの洗濯方法として、Twitterで#オキュ洗濯のタグで投稿されていたまとめ記事があったので紹介しておきます。

 

【必要なもの】
  • メイクスポンジ用クリーナー
【手順】
  1. OculusGOの接顔パーツを取り外します
  2. メイクスポンジ用クリーナーを接顔パーツにかけます
  3. スポンジを揉んで、液を馴染ませます(※ここまでは水に濡らさない)
  4. ためたお湯の中に入れて揉んで洗いゆすぎます
  5. タオルで水気を取る
  6. 日陰の風通しの良いところで干します

劣化してきたら接顔パーツはパーツ購入可能

Oculus Goの接顔パーツは、公式サイトからパーツ購入できます。

また日本人向けの接顔パーツと言われている『接眼パーツ(フィット)』もここから購入できますレビュー記事はこちら。

まとめ

この記事では、Oculus Goを清潔に保つためのお手入れグッズとお手入れ方法を紹介します。

ついついおろそかになってしまいがちなと手入れですが、長く快適に使うためには定期的にメンテナンスをすることをおすすめします。

またイベントでの使用でもう一つ気になるのが、バッテリーの保ち。Oculus Goに使えるバッテリーもまとめたので、合わせてどうぞ。