【Oculus Go】現実より手軽で面白いボードゲーム『Catan(カタン)VR』

こんにちは、花井(@hanamasa0201)です。

今回紹介する『Catan(カタン)VR』は、世界中で大ヒットのボードゲームのVR版です。まずは紹介動画をどうぞ。

Catan(カタン)VRとは

『カタンの開拓者たち』(カタンのかいたくしゃたち、Die Siedler von Catan)、または『カタン』は、ドイツのボードゲームである。1995年にコスモス社から販売された。作者はクラウス・トイバー。プレイ人数は3人または4人だが、2人用の特別ルールも設定されている。のちに「5〜6人用拡張セット」(別売)が発売された。

無人島を複数の入植者たちが開拓していき、もっとも繁栄したプレイヤーが勝利するというテーマのボードゲーム。1990年代後半からはじまったドイツ・ゲーム・ルネサンスといわれる現代のドイツのボードゲームの隆盛の先駆的作品であり、ドイツボードゲームとして最大級のヒットとなり、シリーズ化され、英語、イタリア語など世界20カ国語以上に翻訳されて発売されるなど、現在も人気が高い。ゲーム・コンベンションではトーナメントもしばしば開催される。

日本では、東京のゲーム輸入販売店メビウスゲームズ社がルールの日本語訳を付して発売したのが最初で、このときのタイトルは「カタンの開拓」であった。のちトライソフト社による日本語版が発売された他、2002年カプコン社から、そして2010年ジーピー社から『携帯キャリー版』が、2011年4月25日に基本となる『スタンダード版』が発売された。

引用:Wikipedia

Wikipediaの引用にもあるようにドイツ発祥のボードゲームではありますが、「カタンVR」はアメリカのExperiment 7が世界的にヒットしたボードゲームをVRに移植したアプリです。対応言語が英語のみですが、ルールが分かってしまえば英語であることが気になるないです。

ただ、英語でルール解説を見てもピンとこなかったので、僕は事前にルールだけは勉強しました。

公式ページもちゃんと説明されているのですが、初見の時はあんまり頭に入ってきませんでした。

なので、いくつか動画を見て勉強しました。この動画が一番分かりやすかったです。

VRで再現される人間らしさがゲームを面白くする

ゲーム画面は、上のキャプチャー画像のように、ボードを囲んでVRアバターが4人並んでゲームを進めていきます。1人でCPU相手にもできますし、フレンド同士の通信対戦も可能です。

VR版最大の特徴は、対戦相手の温度を感じられるアバター表現です。

丁度、上のキャプション画像でも顔の向きや手の動きがありますが、これはプレイヤーの動きを反映しています。Oculus Goだと擬似的な動き(Oculus Riftだと手の動きも反映されます。)ではありますが、それでもそこに人がいる感じがあり、それがゲームの飽きを妨げます。

やり始めたばかりの時はハマって毎日のようにやっていました。ハマりすぎて移動時間にもやりたくなり、スマホアプリのカタンを入れたのですが、それはあまり熱中できずすぐに飽きてしまいました。

その経験からもこのVRのアバター表現がゲームにハマるのの一因になっているのを感じました。

通信対戦もボイスチャット対応でよりリアルに近い

フレンズ同士の通信対戦だとボイスチャットのも対応しています。

僕はまだ体験できていないのですが、カタンはカード交換と言う交渉要素があるので、実際に喋れることでよりゲームを楽しめることになります。

「ゲームならスマホアプリで良くない?」と思うかもしれませんが、VRでやる価値はしっかりありました。是非、一度試してみてください。

ちなみに、Oculus Go以外のOculus製品版やSteam版も準備されているので、ほぼ全てのVRプラットフォームに対応しているので、他のVRヘッドセット・ゴーグルをお使いの人も試してみてください。

アプリ概要

アプリ名 カタンVR
価格 無料
言語 英語
カテゴリ ゲーム
開発者 Experiment 7
公式サイト http://www.experiment7.com/
Oculus Goコンテンツページ https://www.oculus.com/experiences/go/2027653017260426/

【合わせて読みたい】