自重トレーニングで物足りなくなってきたので、ダンベルの代用品を探してみた話

こんにちは、花井(@hanamasa0201)です。

この記事では、筋トレ初心者が自重トレーニングで負荷が足りなくなってきた時に、家にあるダンベルの代わりに使えるものを紹介します。

(この記事は、筋肉 Advent Calendar 2017 12日目の記事です。)

自重トレーニングの「次」への葛藤

自重トレーニングから初めた筋トレ初心者の方は、少しトレーニングが進むと負荷が足りないと感じるころが増えます。

そこで次のステップとして、「ダンベルトレーニング」を検討するのではないでしょうか?

ただ、

  • まだ自分が継続して筋トレを続けれるか分からない
  • 家に置く場所がない
  • 家族の視線が厳しい

などの理由で、ダンベルの購入を躊躇する人も多いはず。僕もそうでした。

そこで、実際に僕がダンベルの代わりに使える家にあるものを紹介します。

【重量別】家にあるダンベルの代わりに使えるもの2選

【〜2kg】ペットボトル

ダンベルトレーニングに切り替えても、最初はフォームが崩れてしまわないように、低荷重から入りたいもの。

その場合は、ペットボトルが使えます。

サイズも、500ml / 1L / 1.5L / 2L と豊富ですし、2Lでも持ちやすく凹んでいるものもあり、結構使えます。

2L以上だとエコバックに何本も入れる方法もありますが、スクワットなどで使うと床にすぐに着いてしまって、あまり使えませんでした。

【〜20kg】ウォータータンク

さらに荷重が欲しい場合に僕が使ったのが、アウトドアとか防災用のウォータータンクです。

ダンベの購入を躊躇する層は、家族持ちの方が多いと思います。

このウォータータンクは、ダンベルより、家族との親和性高いです。

災害用と思えば、必要なものですし、使わなくなっても罪悪感が少ないです。

また、折りたためるタイプのものもあるので、使わない時は畳んで置けるというメリットもあります。

我が家でも、この10Lのタンクが2個あります。

これもペットボトル同様、持ち手があるので、ダンベル代わりに結構使えてます。

タンクとしても優秀で、蛇口も使いやすいです。

もっと重いのだと20リットルタイプもあるので、次はこれを狙っています。

まだ、災害用タンクがないという方は、防災の備えの為にも買ってみてはいかがでしょう?

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。自重トレーニングから一歩踏み出すきっかけになりましたか?

もちろん、ちゃんとした器具を使った方がフォームに無理はないですし、モチベーションも上がります。

しかし、買うのを躊躇してトレーニングをしないよりは、こう言った代替品を使ってみてはどうでしょうか?

それでは、良きトレーニングライフを。